インテリアコーディネーターと言う職業について

更新情報!
11/07/01 寝室のインテリアに挑戦しよう のページを追加!
11/06/12 リビングのインテリアを楽しむ のページに情報追加!

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターという職業について、インテリア産業協会がどのように定義しているのかを見てみよう。

インテリア産業協会におけるインテリアコーディネーターについての定義は以下のようになっている。

「インテリアエレメントの流通過程において、消費者に対し商品選択、インテリアの総合的構成等について、適切な助言提案を行うこと」

インテリア産業教会はインテリアコーディネーターに対してこのように表現しているのだが、いかんせん難しくまとめられていて分かりづらいことだろう。インテリアコーディネーターの仕事にはたくさんの種類があり、その領域もとても広い。例えば、家そのものの設計や建築、リフォームなど、「人の住まい」に関するさまざまな場面で、インテリアコーディネーターが必要とされる。

同じインテリアコーディネーターであっても、色のスペシャリストと称されながらも、実際に仕事に取り掛かるとそれだけに留まることは許されない。それは、インテリアコーディネーターとして与えられた宿命なのかもしれない。
時にはインテリアの配置に止まらず、照明による空間を作るテクニックなども必要になることがある。

インテリア業務の基本姿勢

インテリアコーディネーターの資格試験を実施しているインテリア産業協会が掲げている「インテリア業務の基本姿勢」とはどんなものなのかを紹介しよう。

顧客の考えを尊重する

インテリアコーディネーターは、「インテリアに対する消費者の様々な細かい要望に応えるために必要とされている職業」である。そのため、まずは消費者の考えを尊重し、その上でインテリア業務を行うということが、インテリアコーディネーターに求められる姿勢の基本中の基本といえる。

そもそもインテリアコーディネーターという職業は「消費者からの強いニーズから誕生した職業」である。消費者のインテリアに対する要望や考えがあって始めてインテリアコーディネーターという職業が成り立っているといっても過言ではないだろう。ソファひとつの置き方にしてもソファの位置が生活に不便がなければかまわないと思う人もいれば、ソファやチェアやテーブルの置き方こそ拘りたい、という人もいるだろう。ソファの置き方ひとつにしても手を抜かないのが本物のインテリアコーディネーターと言えるのではないだろうか。

ビジネスとして成立させる

消費者の要望を尊重し、その要望を中心として考えるのがインテリアコーディネーターという職業といっても、インテリアコーディネーターの仕事はボランティアや無料の相談会とは違う。つまり消費者から必要な料金を受け取り、ビジネスとして成り立たせなければ、企業もインテリアコーディネーターを人材として雇う意味が無い。その中でも、インテリアコーディネーターのビジネスには「2つ」のビジネスがあるといわれている。

その1つは、インテリアコーディネーターが提供するインテリアのプランだ。それはつまりインテリアに対する「考え」を売るということ。もう1つがインテリアコーディネーターがコーディネートするインテリアエレメントつまりカーテンや家具といった「もの」を売ること。

しかし、インテリアコーディネーターの姿勢として、「顧客の考えを尊重」し、「ビジネスとしてなりたたせる」だけでは、インテリアのプロとしての存在価値は無いだろう。

インテリアコーディネーターのプロであることとしての考え方が、次の基本姿勢に表現されている。

「全体的なコーディネート」・「幅広い知識」・「見解」

インテリアに対する全体的なコーディネート、つまりトータルコーディネーションというのは、インテリアコーディネーションの鍵ともなる技術面のポイントのこと。

例えば、多くの消費者の方には、「壁はこの色がいい」だったり「この家具を使いたい」などといったインテリアエレメントごとの要望を持っているもの。中には、消費者である家族の一人ひとり全員の要望がばらばらだったりする場合もある。インテリアコーディネーターはそれらの要望を室内全体の調和や性能などを考えて総合的にまとめて提案しなければならないというのがこの考え方。たくさんの商品の中から、何を見出して選択できるかもこの考え方になる。

インテリアコーディネーターが持つ幅広い知識・見解とは、インテリアコーディネーターは「一般消費者の知らないインテリアについての深い知識」ということ。インテリアコーディネーターが自分なりに満足のいくインテリアのプランを作って客へ提案しても、実際に要望を持つ消費者に納得してもらわなければ、インテリアの計画が先に進むことはない。つまり、インテリアコーディネーターの提案に顧客が魅力を感じて納得していただくために幅広い知識や見解が必要になるいうこと。

check

親切に、素早く、丁寧に、格安でサービスを提供する税理士事務所です。

大阪 決算代行

丁寧で質の高いダイビングライセンス講習を少人数制で受けられるスキューバダイビングスクール。

沖縄ダイビングライセンス

お子様から大人の方まで。歯並びでお悩みの方、ご相談ください

矯正歯科

船橋でインプラントを探す

船橋 インプラント

2016/10/20 更新